携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第1 非上場株式の譲渡手続と株式の評価

2 手続の全体の流れ
(5) 会社または指定買受人の買取通知

会社が買受人となる場合、会社は譲渡不承認通知の日から40日以内(定款で短縮可)に株主総会の特別決議による承認を受け、かつ、譲渡承認請求株主に対し買取通知をしなければなりません(会社法140条2項、141条1項、145条2号)。
会社が他の買受人を指定した場合、指定買受人は、譲渡不承認通知の日から10日以内(定款で短縮可)に譲渡承認請求株主に対し、買取通知をしなければなりません(会社法142条、145条2号)。買取通知をするときには、会社または指定買受人は、その会社の帳簿上の純資産額を元にして計算した額を法務局に供託して、供託を証する書面を譲渡承認請求株主に交付する必要があります(会社法141条2項、142条2項)。
これらの手続を怠ると、会社が譲渡を承認したものとみなされます(会社法145条)。
また、譲渡承認請求株主は、会社または指定買受人から買取通知を受けた相手方の承諾を得なければ、譲渡承認請求を撤回することができなくなります(会社法143条)。
一方、株券発行会社の場合、会社または指定買受人から供託を証する書面の交付を受けた譲渡承認請求株主は、交付を受けた日から1週間以内に株券を法務局に供託し、供託した旨を会社または指定買受人に通知しなければなりません(会社法141条3項、142条3項)。